いざという時のために、相続は早めに話し合いましょう

自分はまだまだ相続という言葉には縁がない・・・と思われている方、相続は親や縁続きの方の歳は関係ありま

自分が大金持ちの自宅ではなくとも、相続で争う事はたくさんあります

私の家は、自分が相続と言えるほど財産を持っていないので大丈夫、などという過信をしていては足下をすくわ

相続最新情報

従姉が相続をする事になって、どこかにいい相談相手がないか、聞いてきました

従姉が自分の親の遺産相続をする事になりました。
葬式からあまり日にちも過ぎていないのに、まだあれこれ考えるのは早すぎるのではないか、そう言ったのですが、こういう事は早くから考えた方がいいと言っています。
それもそのはず、従姉は兄弟が三人もいて、他の兄弟はなるべくたくさんの相続をしようと、躍起になっているそうです。
私は親の亡くなった事より、相続の方が大切なのかと思いましたが、相続するにも期間があって、あまりのんびりしていられないのだそうです。
早く済ませれば税金もどのくらい払うのか早めに分かりますし、兄弟の取り分が一番の問題点なので、遺言がないだけに少し厄介だそうです。
昔は長男がすべて引き受けるという事だったらしいのですが、今では等分に分けられますので、これ以上兄弟間に亀裂が入る前に、第三者に入ってもらう方が良いかも知れません。
私は知り合いに専門家がいますので、その人のサイトを紹介しました。

事故などによる保険手続きについて

最短2日!独立応援キャンペーン中!!

相続について

遺産の分割で、相続の事がなかなか進まないケースも多いです

遺産は自分の親、そしてその親先祖代々からのものも多いと思います。
一代にして築き上げたものなら

  • トップページ
Copyright© 相続l Rights Reserved.